ホーム > 入院のご案内

入院のご案内

病棟のご案内

4階一般病棟 35床(障害者施設等入院基本料10対1)
この病棟は、病気やケガをされた方以外に重度の肢体不自由者、脊椎損傷等の重度障害者、重度の意識障害者、難病患者様等が多く入院されています。当院療養病棟や介護病棟への転棟もスムーズです。
又、慢性疾患(腎臓病・透析など)の入院でお困りの方、一度ご相談下さい。

3階医療療養病棟 23床(療養病棟入院料2)
一般病棟での治療が終了した後、継続して治療が必要な方や、医療依存度は高いが病状が安定している方が多く入院されています。
患者様お一人おひとりに合わせたケアを提供し、緑あふれる環境の中で、患者様にもご家族にも安心していただける病棟を目指しています。

3階介護療養型医療施設 22床(I型 療養機能強化型B)
病状が安定期にあり医学的管理のもとで長期間にわたる療養や介護が必要な要介護が1以上の方が入所されています。レクレーションも充実しており、誕生会やクリスマス会では普段はおしゃべりされない方が歌に合いの手を入れたり、涙される方など大変よろこんでいただいています。

入院手続き

入院される方は、医師の診察又は指示を受けた後、入院手続きをお済ませ下さい。病室が満床の場合は予約して頂きます。入院日が決定次第、連絡致します。
  1. 入院される場合は「入院申込書」、「身元引受書および連帯保証書」その他書類の提出が必要となりますので、担当者がご説明致します。ご記入後、事務室にご提出下さい。
  2. 保険証、各種証書(減額認定証など)は必ずご提示下さい。入院中に保険証、各種証書の変更がありましたら、速やかに受付へお申し付け下さい。
※これらの提示がなかった時は、自己負担が増える場合があります。

花のイラスト

入院費について

入院費は毎月末日に締め切り、翌月12日(休診日の場合、翌診療日)までに請求致しますので、遅滞なくお支払い下さい。

付き添いについて

ご家族の付き添いは医師の指示、許可のある場合以外は必要ありません。

寝具について

寝具類が用意されておりますので、持ち込みは必要ありません。

入院に必要なもの

携行品は必要最小限にして下さい。保険証、各種証書、印鑑、洗面用具、寝衣(3〜5枚)、下着類、バスタオル(3〜5枚)、タオル(5枚)、室内くつ、湯のみ、スプーン、ティッシュペーパーなど。
盗難・紛失防止のため、多額の現金や貴重品はお持ちにならないようお願い致します。どうしても必要な方は当院にてお預かりしますのでお申し出下さい。盗難、紛失に関しましては当院では責任を負いかねますのでご了承下さい。

おじいさんと介護する人のイラスト

面会について

面会時間は,午前10時から午後8時までとなっており、時間厳守でお願いします。多人数や長時間のご面会は安静の妨げとなりますのでご遠慮下さい。
院内は禁煙です。
盗難、紛失に関しましては当院では責任を負いかねますのでご了承下さい。

クローバーのイラスト

退院について

  1. 退院は、医師の医学的判断により決定いたします。
  2. 退院の数日前に入院費用の概算をお知らせしますので、退院日までにご準備の上当日会計にてお支払いを済ませて下さい。
  3. 退院後の療養は医師、看護師、薬剤師等の指示をお守り下さい。

患者様に守っていただきたいこと

入院中は療養に専念されることが第一です。次のことを是非お守り下さい。

  1. 診察、看護、介護については医師、看護師の指示に従って下さい。
  2. 病状によって病床、病室、病棟を変更することがありますので予めご了承下さい。
  3. 消灯は午後9時です。大声で話したり、テレビ、ラジオの音で他の患者様の迷惑にならないよう、ご注意下さい。
  4. 入院中の飲酒喫煙は固くお断りしています。
  5. ベッド周辺の整理整頓、病棟の清潔には充分ご協力下さい。
  6. 外出、外泊を希望される方は主治医の許可を受けて下さい。
  7. 非常災害時には職員の避難誘導に従って下さい。

医師のイラスト


※その他、ご不明な点や疑問な点、見学希望などがありましたら、お気軽にお尋ねください。